• ホーム
  • 食べないダイエットは筋肉が減る、黒糖とゼニカル

食べないダイエットは筋肉が減る、黒糖とゼニカル

食べないダイエットをすれば、体重は減ります。
しかし、これは正しいダイエットではありません。
体が衰えていくというだけで、筋肉を落としてしまう原因になります。

人間の体は、エネルギーが不足するとまずは筋肉を分解してエネルギーとして使い始めます。
これを使い切った後に蓄積されていた脂肪を燃やし始めます。

痩せて脂肪がなくなったと思って喜んでいたら、筋肉が衰えただけだったというケースは多いです。
筋肉が落ちると、熱を生成する機能が落ちるので、基礎代謝が減ってしまいます。

基礎代謝が高ければ寝ているだけでも脂肪がどんどん燃やされて消費されますが、逆に低いとなかなか脂肪が燃やされずにエネルギーが余って、痩せにくく太りやすい体になってしまいます。
ダイエットのためには、たんぱく質とビタミン、ミネラルは不可欠ですし、ホルモンを作る脂質も必要です。

女性は特に筋肉量が男性よりも少なくて冷えを訴える人も多いです。
体が冷えることも基礎代謝を落とす原因になるので、ダイエット中は気をつける必要があります。

体を温めるのにおすすめなのが、生姜黒糖紅茶です。
生姜紅茶は体を強力に温める作用がありますが、そのままだと飲みにくいという欠点があります。
それを黒糖の味でカバーしてあげれば、飲みやすくなります。
黒糖は天然の糖分なので、生成された砂糖よりも体へのダメージが少なくて済みます。
また、体を温めたり、ミネラル補給にも役立つアイテムです。

もっと手っ取り早く痩せたいという場合には、脂肪吸収を抑えてくれるゼニカルを使ってみると良いでしょう。
食べた脂肪のうち約30%を体に吸収させずに体外に排出してくれるので、脂肪分をとりすぎたときのケアに適しています。

関連記事