ゼニカル使用上の注意

体の脂肪を気にする男性

食事から摂った脂肪の30%を阻害するゼニカルですが、脂溶性ビタミンの吸収を阻害する副作用もあります。
不要な脂肪を排出するだけでなく、必要なビタミンも排出してしまうのです。

ゼニカルはアメリカで人気の痩せる薬ですが、海外ではマルチビタミンとの併用を推奨しています。
ビタミン不足によって肌荒れを引き起こすことがあるので、普段よりも多くのビタミンを摂るように意識しましょう。
ビタミンはバランスよく摂取することが大切なので、マルチビタミンを服用するのが一番よいです。
ゼニカルの利用における注意点には、皮膚の乾燥も挙げられます。
皮膚には皮脂が存在し、乾燥や紫外線から肌を守っています。
入浴後の肌は非常に乾燥しやすいですが、これは皮脂が落とされているためです。
皮脂不足はバリア機能を低下させて、乾燥や肌荒れを招いてしまうのです。

ゼニカルを服用している方に多く見られる肌トラブルは乾燥肌なので、肌が乾燥するようなら服用を中止してみる必要もあるでしょう。
肌が乾燥している方は、自分で思っているほど脂肪を摂っていない可能性があります。
ゼニカルは過剰な脂肪をブロックする薬であり、必要な脂肪を排出するものではありません。
もともと脂肪をあまり摂っていない方の場合は、ゼニカルは適していないと言えます。
肥満に悩んでいる方は自己流の対策をせず、医師の指導を受けるべきでしょう。

自分に合った方法を行わないと結果が出ないので、時間と労力のムダ使いになってしまいます。
効果の出ない方法を実践することは、ダイエット嫌いを招くことにもなります。
リバウンドする方の多くは、間違った方法、自分に合わない方法などを行っているのです。
肥満になる原因は脂肪の摂りすぎだけでなく、代謝不良、糖質の摂りすぎなどもあります。

関連記事